大学院留学なら当サイトにお任せ!

留学をするための準備

留学をするための準備 日本の大学を卒業後にイギリスへ大学院留学したいと思っている人も少なくありません。
イギリスへ大学院留学するに際しては試験がありませんが、その代わりに他のものを準備する必要があります。
それは①志望動機書で、これは過去にどんな勉強をしてきたか、インターンや実務経験があるか否か、大学院で何を学びたいのか、修士課程を卒業後にどんな仕事をしたいかなどを書く非常に重要なものです。
わずか500文字から600文字のこの書類で入学が決まることも少なくなく、大学院側が重視するのは学部で勉強した内容プラス勉強以外の活動が一つで、活動は特にボランティアが重視されるようです。
②履歴書③推薦状、これは普段よい関係を築いている先生にお願いするのが一番です。
④英文成績証明書、GPAによって出願できる大学が決まってくるので、早くから準備した方がいいです。
⑤英文卒業書⑥英語試験のスコア(IELTSやTOEFLなど)の六点が必要となってきます。

イギリスでの大学院留学経験からキャリアを考える

イギリスでの大学院留学経験からキャリアを考える イギリスで、大学院留学を考えてとって現地での経験が後に自分のキャリアにどう直結するのか気になる方も多いのではないでしょうか。
アメリカなどの大学院と比べるとイギリスの大学院は1年間であることから、費用もあまりかからず短期間で学問を学べその後のキャリアにつなげることができることから人気があります。
その一方で、一年という短い間に自分がこれからどういった道を歩みたいのか悩むこともあるでしょう。
そこで今回、そのような経験を有効的に活用するための方法をお伝えいたします。
まず、大学院留学から学べることは、学問の専門性を高めることに加え高度な英語を身に付けられるのです。
大学院では専門的なことを「英語」で学ぶことから、日常英会話以上の高度なレベルを求められます。
そのため、現地就職は難しくても日本に帰国後外資系の企業の就職に有利に働きます。
自分が学んだことが、企業でどう役に立てるのか自分のキャリアプランの立てながら考えることが重要です。