大学院留学なら当サイトにお任せ!

留学の経験は就職に役に立つ?

留学の経験は就職に役に立つ? 世界的にグローバルな活躍が求められている時代だと言うこともあり、日本の大学を卒業しただけでは大企業に就職することが難しくなってきています。英語が話せることはもちろん、必要なスキルを身に付けたり様々な資格を取得しておくことは必須になっているため、世界で認められているイギリスで大学院留学することができれば大きな財産になることは間違いありません。
有名な大企業のほとんどが海外に支店を設けているので、就職した際に海外赴任を任されるようなことがあっても、あわてることなく賢く対応することができるようになるでしょう。また、学習の質が最も高いと言われているイギリスへ大学院留学している経験があれば、どこへ行っても優秀な人材の一人と認めてもらうことができるので非常に有難いです。
希望する企業に自分をアピールするには、基礎知識がしっかりとした英語能力が身についていること、留学中に学ぶことができた数々の経験、成長できたことや初めて知ることができた点などを積極的に話してみましょう。

イギリスで大学院留学中に行うべき就活とは

イギリスで大学院留学中に行うべき就活とは イギリスの大学院留学は、授業とセミナーを中心とした修士課程が1年でとることができる特徴を持つため、日本の大学生よりも遅れてしまうということがありません。他にも大学のレベルが世界的にも評価が高く、出願がしやすい点から非常に人気の高い留学先となっています。
大学院留学をおくりながらも日系企業への就活も並行で行いたいという声も多く、留学前の4~8月にはギャップイヤーがあるので、就職活動の一環として基礎を固めるためにも業界研究や自己分析、自分が希望する企業についてしっかり調べておくことが大切です。専門サイトに登録をしたり、時間があれば企業説明会にも積極的に参加すれば、留学生向けの選考についても詳しく指導してくれます。
留学が始まる11月には、ロンドンで国際的な就職イベントが開催されるため、日系企業も参加しているため就活として参加をしたり、同じ日本人同士で情報の交換なども行うことができるチャンスでもあります。11月にはボストンで最大の就職イベントが開催されるため、イギリスの留学生の大半は参加しています。ここで内定をもらうことができれば、残りの留学生活は今後の事を気にせずにしっかり集中して勉強を行えるメリットがあるといわれています。