大学院留学なら当サイトにお任せ!

イギリス大学院留学に合格するまでのスケジュール

イギリス大学院留学に合格するまでのスケジュール イギリスの大学院は基本的に9月に始まりますが、1月入学を実施しているところもあります。
イギリスへの大学院留学を考えてる方は、この入学時期から逆算してスケジュールを立てていく必要があります。
9月入学の場合は、前年の12月に願書を提出するのが一般的です。
願書提出までに準備すべきこととして、必要書類である「Personal Statement」や「推薦状」などの準備があります。
無料で留学を斡旋しているBEOに登録しておくと色々なことを教えてくれるので、大学院留学までがスムーズになっておすすめです。
また、IELTSのスコアも審査の対象となるために、1度テストを受けておくのも良いでしょう。
IELTSに最終合格することで、5月に無条件あるいは条件付きオファーが取得できます。
オファー取得後は、すぐにCASの申請を行います。
CASはビザを申請するときに必要な情報が書かれあり、メールで送られてきます。
ビザの申請は6月中に済ませると、7月には取得可能となります。

イギリス大学院留学の合格後の計画の立て方

イギリス大学院留学の合格後の計画の立て方 アメリカと並んでイギリスで大学院留学は、学生や社会人にとって人気があり日本では毎年多くの人が留学に行っています。
今回大学院留学合格後にしておいた方がよい計画の立て方についてお伝えいたします。
先ず、イギリスの大学院は原則一年です。
これがアメリカなどの国の大学院留学との大きな違いです。
期間が一年であることから、他の国に留学するよりも費用を抑えることができるは良い面ではありますが、一年と言う留学期間を終えたあとの自分の将来を早く決断する必要があります。
大きな選択肢としては「日本か海外かで就職」「大学院に残り学問をさらに研究」が挙げられます。
日本での就職であれば、海外での大学院に留学していた経験から英語力に関して高い評価をされることが多いためあまり難しいことはないでしょう。
一方で、海外での就職となると厳しい面が多くあります。
ビザの取得であったり、現地のネイティブと問題なく意思疎通ができコミュニケーションしながら働けるかなど。
大学院に残り学問をさらに研究すると言ったことも相、当の英語力と学問に対しての熱意がなければ難しい判断だと思います。
そのため、大学院留学の合格後は一年後の将来の自分に対してある程度計画を立てておくべきです。